事業者が従業員の「CWパーミット」更新を促す


多数の事業主たちは、201412月に終了する移行期限の延長がされるかどうかの連邦政府の決定を未だ待っているため、今月失効する彼らの外国人労働者のCWパーミットの更新を躊躇っています。

しかし、ラルフ・N.ユマル下院議員は、米国労働省の決定を待たず、従業員のCWパーミットを更新するよう会社にアドバイスしたいと述べました。

米下院議員のグレゴリオ・キリリ・カマチョ・サブラン氏は先週記者たちに、彼が今年末までに移行期限が延長されることを米労働省から約束を取り付けたと語りました。

彼はそれが延長されないと思ういかなる理由も与えられていないと繰り返し述べました。

別の匿名の情報提供者は、米労働省が少なくとも3年までは移行期限を延長すると思われると述べました。

彼らの意見では、サイパンの二つのレストランの人事部職員は別のインタビューで、彼らの懸念はCWパーミットに費やせねばならない資金だと話しました。

CWパーミットの325ドルの他に、事業者たちはまた、CW申請それぞれに米国市民権・イミグレーション・サービスに支払う150ドルの教育費も支払わねばなりません。

「連邦政府は事業者に公平である必要があります。彼らは、我々が労働者を失うことになるかを分るようにすぐに伝えるべきである」と人事職員の一人は述べています。

ユマル氏は、ホテル、大型レストランにとって彼らの従業員のためのCWと教育費の475ドルは大きな資金となると述べました。

「我々は更に数年の移行延長への機会を与えられる最善策を期待するだけです。それは我々が(現地労働力)見習いを持てるようにします。今、我々は不運にも準備ができていないので、それが延長に期待する理由です。さもなくば我々は労働不足に直面するでしょう」と同氏は述べました。

彼の意見では、サブラン氏は米国労働省がおそらく決定を来年の7月まで待つことにするであろうと述べました。

「しかし、事業者と労働者は事前に計画を進める十分な時間を必要とします。私はその時間を彼らが得る手伝いをしました」と彼は述べ、更に米国労働省は彼に1ヶ月以上前に今年終わりに決定を行うという約束をした」としました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です