4つのホテルが『次の10年への投資を約束』


ピートA.テノリオDPL局長によれば、政府との土地リース協定に関してあと23年しかないホテルは、彼らが次の10年間に更に何百万ドルも投資することをDPLパブリックランドに約束しました。

彼は以前、彼らの土地リース契約が延長されるならば、彼らが更にどれくらい多くの投資をすることができるかについて、Kanoa ResortFiesta Resort&Spa、ハイアットリージェンシー・サイパンとマリアナリゾート&スパの所有者とオペレーターに尋ねました。

テノリオ氏は、各々の議員にホテルからの返答のコピーを提供しました。

ホテルが予定する投資は、次の13年で、500,000ドルから2190万ドルにわたります。

ハイアットは次の6年で最高1100万ドルを投資するとDPLに話しました。そのリースが更に40年間延長されるならば、ハイアットは新しい投資計画を作成しなければならないと言いました。

ハイアットの現在の土地リース契約は8年で期限切れになります。

Kanoa Resortは、米国のUSCIA市民権とイミグレーション・サービスが最近EB-5プロジェクトとしてホテルを指名したことをテノリオ氏に知らせました。EB-5プロジェクトとしてKanoa Resortに対するその設備投資は、次の13年のその投資となる2190万ドルです。それは、次の310年で更に560万ドルを投資すると言っています。

Kanoaはまだ12年をその土地リースに残しています。

フィエスタ・リゾートは、次の13年で400万ドルを、そして次の310年で更に1,120万ドルを投資すると言いました。フィエスタのリースは8年残っています。

マリアナ・リゾートは、その一部について、次の3年で更に500,000ドルを、次の310年で更に340万ドルを投資するとDPLに伝えました。政府とのマリアナ・リゾートの土地リースは5年残っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です