ゾーニング(地区制)法プレゼンテーションにコミュニティを招く


サイパン・ゾーニング(地区制)オフィスは事業主を含むコミュニティに、今週の火曜日にダンダン小学校で午後530分から630分まで行われる2013年の新しいサイパン・ゾーニング法に関するプレゼンテーションに参加することを奨励しています。

ゾーニング・オフィス監督官のTherese Ogumoro氏によると、「新しいゾーニング法は、多くの場合所有地価値に対する重要な影響、地域の性格と将来の生活の質さえも、地主、隣人とコミュニティ全体に深く影響します。このプレゼンテーションは法律を説明して、完全で率直な議論の機会を提供する」としています。

ゾーニング・オフィスは先週、マルチパーパス・センター、タナパグ小学校、カグマン高校とホップウッド中学校でプレゼンテーションを行いました。

「それが彼らに影響を及ぼすまで待たず、我々は人々が新しい地区制法について学ぶことを奨励しています」とゾーニング委員会のDiego Blanco委員長は言いました。

委員会秘書のガスKaipat氏はプレゼンテーションが非常に有益であると言っています。

詳細な情報については、234-9661/2/3でテレーズOgumoro氏またはマリアン・ボーハ-Arriola氏に連絡して下さい。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です