タシ・ツアーズがCPAに1ドルのパッセンジャー料金を撤回するよう求める

連続的な3年目で、タシ・ツアーズがManagahaへ/から輸送される観光客の1ドルのパッセンジャー料金を撤回するためにCPAコモンウェルス港湾局に求めています。
先週金曜日のCPA理事会で、理事は4-3でこの要請についての決定を延期することを可決したことで、この要請についての最終的な決定をするのを見合わせました。
1月3日、タシ・ツアーズは、CPAに、もう一年、彼らの1ドルのパッセンジャー料金免除を承認するよう求める書簡を送りました。
2年前、CPAは、タシ・ツアーズがパシフィック・サブシーを通してマニャガハへ輸送した乗客につき、1ドルを得ていました。
タシ・ツアーズは観光客をマニャガハに送迎しているパシフィック・サブシーで観光客を降ろします。
パシフィック・サブシーはCPAの南の水上機タラップのテナントです。
それは、月額2,400ドルの使用料代金を払います。
海港施設委員会のベニグノM. Sablan議長は、理事会に要請を知らせ、要請を拒否する動議を導入しました。
CPAのマリアンQ. Lizama局長によると、CPAがタシ・ツアーに授けた免除の2年で、最初の年に90,000人の観光客がいました。
2年目で「その年の4分の3までに、パッセンジャー・カウントは、78,000人でした。CPAが1乗客につき1ドルを得ていたならば、2年前で9万ドルを得ていたであろうし、昨年もほぼ同額をかせいだでしょう。彼の見解として、Sakisat氏は、2年で十分であると言いました。サンニコラス氏は、要求を承認するための基本は何であるかについて尋ねました。彼らがタシ・ツアーズとパシフィック・サブシーと一致するまで、Villagomez氏は委員会に決定をすることを延期するよう求めました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です