CUCの提案されたスタンバイ料金に影響を受ける大企業がより多くの時間を求める


サイパン・ファシリティ・マネージメント協会のメンバーは昨日、彼らがCUCの送電網に彼らの再接続を含んでいる問題を解決するために、CUCコモンウェルス・ユーティリティ社との妥協に至るために更に多くの時間を必要とすることをCPUCコモンウェルス公益事業委員会に伝えました。

この協会は、パシフィック・アイランド・クラブ、コーラルオーシャンポイント、キングフィッシャー・ゴルフ・コース、アクア・リゾート・クラブ、Laolaoベイ・ゴルフ&リゾート、ハイアット・リージェンシー・サイパン、フィエスタ・リゾート&スパ、サイパン・ワールド・リゾート、マリアナ・リゾート&スパ、Hafadaiビーチ・ホテル、Kanoaリゾートとデューティ・フリー・ガレリアが含まれます。

彼らは、提案された毎月キロワット時20ドルのスタンバイ料金に関する公聴会の継続を委員会に求めました。

ジョー・ゲレロ氏によって率いられる委員会は、昨日、すし詰めのCDAコモンウェルス開発局会議室で公聴会を行って、アランW.フレッチャー局長に率いられたCUC当局とCUCのレート・コンサルタントeconomist.comのロバートE.ヤング氏も出席しました。

指定された協会のスポークスマンのマーク・モス氏は、彼らが提案されたスタンバイ料金についてのコメントを提出するために6ヵ月が与えられるべきであると言いました。

「我々は、それが島とコミュニティのために安定的な電力を維持することができるように、我々の投資が補償されること、あるいは、我々がCUCを支援するのに役立つことができる別の方法が必要と感じる」とモス氏は言いました。

彼は、島の電力供給が過去に大企業を支えるのに十分でなかったとき、彼らが彼ら自身の発電システムを作ることを強制されたと言いました。

しかし、CUC法律顧問のデボラ・フィッシャー弁護士はCUC法務責任者ジェームズSirok氏とともに、公聴会の継続に反対しました。そして、提案されたスタンバイ料金についての通知が昨年出された時から、すべての当事者が彼らのコメントを提出する十分な時間を与えられたと言いました。

スタンバイ料金が承認されるならば、CUCは追加収益で1年につき205万ドルを生み出すことを見込んでいます。

フィッシャー氏はCUCがレートを徴収することができなかったため、と述べ、それは委員会が「合理的で、正当で必要で」あった決定をした、と彼女は付け加え、島に問題が起こった際、CUCは台風準備供給品と必要な他の器材を購入することができないとしました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

断水のお知らせ