MVA「2月の到着者数8%増」


(プレス・リリース) 20142月の北マリアナ諸島への訪問客到着数は、20132月と比較して8パーセント増でした。

マリアナ政府観光局MVAによると、サイパン、ティニアンとロタへの到着は、20132月の38,350人に対し20142月は41,311人の訪問客を記録しました。

2月の日本からの到着数は11,165人で25パーセント減でした。

デルタ航空が成田からその第二の夜間飛行を一時的に停止し、そして、いくつかのフライトが同月において東京での激しい吹雪により中断されたため、成田からの航空座席供給22パーセントの低下が重く日本市場に影響を与えました。

2月の主要なサイパン・ホテルの平均稼働率は98パーセントを上回り、日本の卸売業者は部屋を確保するのに苦労していました。

消費税が5パーセントから8パーセントに増加する4月からの日本市場は弱くなることが予想され、そして、それは新しい低コスト輸送機がこの夏NMI市場に初めて日本に入るまで続きます。

韓国からの2月の到着数は11,053人で9パーセント上がりました。

ダイナミック航空社は201415日から228日までのシーズン中に週2便、から週4便にソウルからのNMIへのフライト数を二倍にしたことで、同期間の韓国市場からの到着数の継続した強い増大を確実にしました。

しかし、ダイナミック航空は、低い需要により、312日から426日まで現在のフライトを一時的に停止します。

中国からの2月の到着数は15,295人で42パーセント増まで跳ね上がりました。

これは、中国から世界的なすべての外国観光地への旅行が前年比18.1パーセント増となり、ひとつには今年2月に行われた旧正月のせいでした。

NMIへの旅行は、主に杭州と天津からのCenturyツアーによる新しいDynamicフライトの打ち上げで競合観光地より年々に速い成長を遂げました。

ロシアからの2月の到着数は1,134人で44パーセント増でした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です