サイパン・カジノ法改正は知事の元へ


提案されたサイパン・カジノ法改正は、上院が54の票によって昨晩通過させたことで、現在知事に送られることになります。

人々が下院法案18-182に関する彼らの考えを表すことができるように、5つの公聴会に対する歳入委員会のJovita M. Taimanao委員長の要求にもかかわらず、ラルフDLGトレス上院議長は、通過のための法案審議予定にギャンブル法改正を置きました。

ラルフS. Demapan下院議場によって書かれたH.B. 18-182は、サイパンでカジノ営業を合法化するパブリック法18-38を改正します。

審議前のインタビューにおいて、トレス議員はTaimanao議員がすでに既存の法律上に関する公聴会を予定したと言いました。

月曜日の彼女のメモで、「議会によって通過されなければならない提案された改正を議会がきちんと議論し、提出するために、経済界、地方自治体、いろいろな政府機関と一般市民と共に取り組むことは避けられません」とTaimanao議員は述べました。

彼女の委員会に法律が割り当てられるまで、Taimanao議員は、さらに、公聴会を開くことができない、と彼は付け加えました。

昨日、トレス氏は上院リーダーのレイN. Yumul氏に法案審議予定にH.B. 18-182を置くよう求めました。

Yumul氏は予約でそれを日程に置き、そして、一般市民がコメントをするのを議会が許すために72時間の通知をしなければならないと述べている政府公開法違反の可能性をあげました。

下院は水曜日の午後7時にH.B. 18-182を通過させました。

H.B. 18-182はいずれにしろ通過への動議が出され、議論は進行しました。

サイパン・カジノ政策の一貫した反対者、ポールA. Manglona上院議員は、提案されたカジノ改正に関していくつかの懸念を提起しました。それらのうちのひとつは、ロタとテニアンのカジノ産業を不利な状況に置く税体系です。

「私は、我々が完全にこの法律を概説するより多くの時間が与えられなければならないと感じます。悲しいことですが、歴史は我々がこの議案で急ぐことが間違っているということを証明するでしょう」と彼は言いました。

Yumul氏は、NMI Retirement Fundが明確にカジノ政策が退職者と現行公務員に対する政府の義務を払うためにいくら助けることができるかについて、相談あるいは通知はなかったと言いました。

Taimanao議員は、コモンウェルスが直面している与えられた挑戦を彼女が支援する、新しい収益を見つけたいという政権と下院の願望を認めると言いました。

しかし、そのような論争の的となる案を立法化する際に、彼女は、「一般市民と約束することは重要です」と言いました。

彼女は、改正が急がされている点を指摘しました。

議案を可決することを票決した人々は、トレス氏、ビクターB. Hocog上院副議長;ピート・レジス上院議員;フランクM.ボーハ議員、ジャクインH.ボーハ議員です。

反対に投票した人々は、Manglona氏、Yumul氏、Taimanao氏とフランクQ.クルース上院議員でした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です