GAO「ホテルは価格を上げて、賃上げのために経費を削減」

連邦によって命令された賃金引上げの余波で、北マリアナ諸島のホテルはコスト削減策の実行と2010年から2013年まで価格を上げねばなりませんでした。
これは、最低賃金引上げの実施による経済指標に関する、米国議会へのGAO米国政府説明責任局による最新のレポートの一部でした。
議会の調査的機関、GAOは、ホテル労働者に分配したアンケートへの反応をあげて、世論調査を受ける人々の99パーセントが彼らの雇い主ホテルがコストを抑える戦略を使用し、そして95パーセントが、ホテルが価格を上げたと言ったことを示したとしています。
これは、最低賃金引上げに「中等度から大幅に」起因するものと考えられました。
CNMIの現在の最低賃金は、2007年の3.05ドルから上がっている、1時間につき5.55ドルです。それは、2014年9月30日に更に50セントの引上げをすることになっています。それは2018年までに1時間につき7.25ドルの現在の連邦最低賃金に達するまで、ローカルレートが徐々に増額されます。
ホテルだけでなくCNMIの他の事業所も、価格を上げたか、労働時間を減らしたか、段階的な賃上げに対処するために、労働者を解雇しました。
GAOは、ホテルが最低賃金引上げのためのコスト削減策であると考えると言いました;しかし、彼らは同様にいくつかの他の要因を認めました。
他の要因は、電気料金、材料と輸送経費の値上げを含んでいます。
GAOは、アンケート回答者によって、雇用主が、とりわけ、米国の出入国管理法の変更が彼らの行動に関与している、雇用された労働者の60パーセント以上を表していると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です