CPUCがスタンバイ料金についての決定を延期

CPUC連邦公益事業委員会は、主に毎日の営業のために彼ら自身の発電機を使う大きな企業顧客のために、CUCコモンウェルス・ユーティリティ社によって提案されているスタンバイ料金に関するその決定の一般公聴会を来月の日程に組みました。
昨日の公聴会ではOleaiのCDAコモンウェルス開発局の事務所で、CPUCジョセフ・ゲレロ会長は、規制機関がその決定をする前に、論争の的となるスタンバイ料金がまだ概説される必要があると言いました。
ゲレロは、提案が慎重な考慮を行って、2014年5月22日に次の公聴会まで採用された5つの条項命令を通じて通されたと言いました
一方、北マリアナ諸島ホテル協会HANMIとサイパンFacilities Management協会は、スタンバイ料金の代わりにありうる新しい関税チャージに関してCUCとの交渉中です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です