CWプログラムの延長は否定、改善されたステータスは可


労働者連合運動NMIの前会長アイリーンTantiado氏は、20141231日に終わる連邦化移行期を延長することは外国人労働者の負担を増すだけであると言いました。

彼女は、連邦政府がその代わりに資格のある非居住者が改善された出入国管理ステータスを認めるべきであると言いました。

しかし、そのような提案は、今年米国議会によって認められることになるとは思われません。

「一部の外国人労働者がCW許可証の遅い処理によって悪影響を受けていることが知られています」とTantiadoは言いました。

多くの外国人労働者は彼らのCW許可証を得ることの遅れにより働くのを止めなければなりませんと彼女は付け加えました。

移行期の延長が米国労働省によって授与されるならば、修正されていないCW政策に関する問題は外国人労働者と彼らの雇い主に悪影響を与え続けます。

現在ラオスで働いているTantiado氏は、先週、島を訪問しました。

彼女は、外国人労働者と彼らの擁護団体が連邦政府に米国の市民権への経路につながるプログラムのような「永久の解決」に追いつくよう求め続けなければならないと言いました。

「外国人労働者はより良いステータスに値します。彼らは、それを稼いできています」と彼女は言いました。

「我々は、当地のバンドエイド解決を望みません」

彼女は外国人労働者に平和的な方法で彼らのステータスを声に出し続けるよう訴えています。そして、彼らが地元のコミュニティに奉仕し続けることを望んでいるだけであると付け加えました。

「彼らに雇用の安定を与える時です」と彼女は言いました。

Tantiado氏は、彼らの主唱者Rabby Syed氏が米国に住んでいる今、外国人労働者をリードする誰かを見つけることも望んでいます。

「あきらめる時ではありません」と彼女は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です