賃上げに関する国家ディベート(議論)はNMIに影響を及ぼすInos氏が発言

イロイS. Inos知事によると、時給最低賃金を7.25ドルから10.10ドルに上げる国の中心地で進行中の議論は、すぐにCNMIでのホットな話題となるでしょう。

昨日のインタビューで、知事は、「我々が経済に最低賃金の引上げに対応することを許すべきであること」を未だ考えていると述べました。

2007年以降、1時間につき3.05ドルのローカル賃金レートは、連邦法によって徐々に上昇し、現在5.55ドルです。ローカル・レートは今年50セント引き上げ、2016年以降、2018年に連邦レートに達するまで引上げていきます。

Inos知事は、現在、連邦政府によって契約されたプロジェクトで働く人々のために10.10ドルの最低賃金レートを必要としているオバマ大統領からの行政命令があると述べています。

しかし、すぐに最低賃金を引上げるという提案は、「逆効果となります」とInos氏は言いました。

「我々は、企業が存続するのを許すために、労働現場で人々を減らさなければなりません」

Inos氏は、「そのような引上げが事業経営に[否定的な]影響を及ぼさない限り」、最低賃金の引き上げに同意すると言いました。

我々は当地で行われている事業のコストを調べたいです。

彼は、商品のローカル価格とユーティリティのようなサービスが値上がり続けることを認めました。

「そして、これらは、経済全体と人々の一般的な福祉を余りにも落ち込ませます。だから、我々は絶えずそれを見ている必要があります」

匿名希望の経済界の情報提供者は以下のように述べました:「多くの人々がわかっていないことは、賃上げを義務づけているいかなる法律も時給レートにおける引き上げだけを意味しているということです。経済がうまくいっていないならば、そして、会社が消費者ベースがより矮小していく場所での事業を行うコストにおける別の引上げに未だ余裕がないならば、
そのとき、彼らが賃上げに対応する唯一の方法は、労働時間を短縮して、利益(残されるものがあるならば)を減らして、人々の解雇さえもすることです。私は、それがCNMIにとって良いとは思いません」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です