MVA「環境税は政府収入を減らすだろう」


マリアナ観光局によると、観光客に対する環境管理影響税を課税することが政府収入を減らすことになるとしています。

マリアナ観光局のペリー・ジョンP.テノリオ局長はツーリズム委員会のラルフN. Yumul議長に、10パーセントの特別な環境管理影響税をすべてのツアー・パッケージに課す下院法案18-169が「CNMI政府の収入を増やす代わりに、観光旅行来島者数に否定的な影響を与えて減少させる可能性があると伝えました。

Yumul議員は法案の作成者です。

テノリオ氏はYumul氏への彼の書簡でのコメントにおいて、海外旅行者の市場は「すでに価格に敏感で」、CNMIは「激しく」他の目的地と張り合っていると述べました。

他の競合観光地に対して、彼は、観光客に強要されるいかなる増税も価格の上で効果的に競争し続けるコモンウェルスの能力に否定的な影響を与えると言いました。

MVAはその資源を保存し、保護することによってCNMIの自然の美しさを維持するH.B.18-169の意図を賞賛すると彼は付け加えました。しかし、CNMI政府は昨年、15パーセントの占有税を課すことによって、既に観光旅行に対する税金を引上げたとテノリオ氏は言いました。

CNMI政府は、重要な海外旅行代理店業者に占有税を受け入れるよう説得するために1年掛かったと同氏は付け加えました。

それで、観光客に対する税金の突然の追加の引上げは、今年、観光客にCNMI観光を売る重要な旅行代理店の努力に有害であるとテノリオ氏は言いました。

観光目的地強化プロジェクトのためのさらなる資金提供は歓迎されるが、彼はMVAが彼らに資金を助成することを認めるパブリック法18-1がすでにあると言いました。

テノリオ氏によると、CNMI観光産業が経済活動において106000万ドルを生み出し、提供された会計年度2013年で政府に税収でのおよそ6290万ドルが見積もられています。

「観光客に負担させるならば、我々はこの料金がCNMI政府への収入を増やす代わりに、否定的に観光旅行来島者数に衝撃を与えるかもしれなくて、減るかもしれないと思っています」と彼は言いました。

しかし、インタビューにおいて、Yumul氏は、彼の法案が誤解されているように見えると言いました。

H.B.18-169は、すべての観光客に課される料金でなく、占有税に加えるものではないこと彼は言っています。

この料金は、島の環境に直接影響を与えるツアー・パッケージ法案に含まれる特定の活動に課されるものであると彼は言いました。

その例はMarpiTapochao山のオフロードを運転するジャングル・ツアー、そして、Grottoでのダイビングとシュノーケリング、ビーチに影響を与える他の活動、特に車両がそれらの近くで駐車しなければならないものであると彼は付け加えました。

Yumul氏は、それが観光客に対する付加税として誤解されないように、彼が法案がまだドラフト書式であって、確定される必要があると認めているので、MVAがそのコメントを提出したことは素晴らしいと言いました。

彼は、影響を受ける企業と関係される機関にコメントを求め続けると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です