「チャンスを与えて下さい」知事が発言


イロアS. Inos知事は、「反対者たち」にサイパン・カジノ・プロジェクトに可能性を与えるよう求めることを望んでいます。

このプロジェクトを止める試みについて何を言うべきかにかについて、金曜日に尋ねられた知事は、退職者と彼らの家族のためにでなく、大衆のいかなる人々にとっても、それがコミュニティにもたらせる素晴らしいことであるとわかってくれることを望むと言いました。

ラモンK. Quichocho弁護士とグレン・ハンター氏によって起こされた訴訟のほかにも、マリアナス経済調査と開発財団と元教師のアンブローズ・ベネット氏がサイパンでカジノ・ゲームを合法化するパブリック法18-3818-43を廃止するための国民投票を要求しています。

擁護団体のもう一つのグループは、沿道に反カジノ掲示板を掲げています。

「私が言ったように、自由主義国です」とInos氏は言いました。「私は、こういうことをしている人の全てが悪意のある理由のためにそれをしていないことを望みます。私は、サイパン・カジノを阻止するこれらの努力を支持する動機が何であるかについて知ることに興味を持っています」

カジノ・プロジェクト・サイパンを止めようとしている人々は、退職者が彼らのお金を得るのを妨げるつもりでないということは解っているが、知事は「それは結果としてそうなる」と言いました。

彼は、反カジノ擁護団体の何人かが「手続き上の裏に隠れている、このプロジェクトがコミュニティに持たらせる良いことを忘れている」と言いました。

反カジノ運動が、退職者へのその約束を果たすことから彼の政権を妨げる意図と政治的な動機をもっているかもしれないと思ったかどうかを尋ねられて、「確かに」と述べました。

管理側の意見として、彼は、25パーセントの年金削減を元に戻そうとすることに関係している政治はないと言いました。

「このことがいかなる理由でも閉ざされるならば、私は、この機会を我々が決して二度と見ることがないことをお伝えします。この大きさのプロジェクトは、我々がCNMIの最も緊急の問題の多くに立ち向かうために与えらています」とInos氏は言いました。

「カジノ・ゲームは最終的な答えでありません、しかし、それは現在唯一の利用できるオプションです」と彼は付け加えました。

 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です