ワイズマン判事がサイパン・カジノ法に対する禁止命令を協議要請の下に置く


上級裁判所のDavid A.ワイズマン判事は、制定したばかりのサイパン・カジノ法実施に関する予備禁止命令に対するラモンK Quichocho弁護士の要請を協議の下に置きました。

金曜日の午後、ワイズマン判事は、CNMI宝くじ委員会に対して反論した、司法局レエナ・パテル検事と自分自身と「善良なるCNMIの人々」を代表するQuichocho氏からの口頭弁論を聴聞しました。

出席は、被告イロイ S. Inos知事とCNMI政府を代表して出廷した副司法局長のデイビッドLochaby氏とTeresita Sablan氏の姿もありました。

Quichocho氏は、Best Sunshine Ltd.Marianas Star Entertainment Inc.のアプリケーションを調べるために仕事を課された会社、B2G Global Strategies, The Innovation Group of Companies2人の調査者への払い戻さない200万ドルの申込費用の義務を負わせる、あるいは違法な支出となるとしたQuichocho氏の主張を証明するために証人台に財務局長Larissa Larson氏を召還しました。

Quichocho氏は、Lottery委員会がこれまでにメンバーをまだ持たないカジノ委員会として機能していると主張し、更に彼は、法律に反していると付け加えました。

Quichochoの質問に対する大部分のラーソン氏の回答は政府弁護士に取り次がれました。

パテル氏は、Quichocho氏が法律の規定を読み誤っていると言いました。

CNMI政府が財政的な義務のために崩壊するものだったかどうか、Quichocho氏によって尋ねられたラーソン氏は、それがそうであったと答えました。

CNMI政府で最も大きい負債の1つはRetirement Fund和解合意に関連がある、とラーソン氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

5年延長されたCWプログラム