マリアンTudela氏が新市長に任命される


イロイS. Inos知事は、20151月まで従事するサイパンの新任の市長として、昨日、マリアンDeleonゲレロTudela氏を任命しました。

2009年の選挙では、Tudela氏は、土曜朝、重い脳卒中で倒れて月曜日に他界したドナルドG.フロレス氏に続く2位でした。

しかし、Tudela氏がまだ米国本土にいるため、サイパンとノーザン・アイランド市議会のラモンB.カマチョ議長が市長代理を務めます。

フロレス氏のアドバイザー、ヘンリーHofschneider氏によれば、サイパン市長のオフィスはビジネスに対してオープンなままです。

昨日午後の声明において、エンジェル・デマパン報道官Inos知事がマリアンDLG .Tudela氏と電話で話した際、彼女は期限満了になっていないサイパンの市長の任を務める機会を受けたと述べました。

Tudela氏は今週の日曜日にサイパンに到着することになっています。彼女が就任の宣誓を行った後、市長としての彼女の任期が始まります。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

前ロタ市長が他界