4月のホテル客室稼働率わずか74%


(プレス・リリース) 北マリアナ・ホテル協会は、11社の会員ホテルの間で20144月の客室稼働率が20134月と比較して2パーセントの減少、73.67パーセントであったことを報告しました。

昨年同期間で販売された利用可能客室72,060泊/室のうちの54,498泊/室と比較して、20144月は利用可能客室69,090泊/室のうちの50,901泊/室の販売となりました。客室単価は昨年4月の103.07ドルと比較してこの4月は113.35ドルでした。

「昨年、HANMIは、マーケティングと目的強化に向かう政府の保証で客室稼働率税の50パーセント引上げを支持した」とHANMI副会長のグロリア・カバナ氏は言いました。「4月の稼働率低下が示すように、観光産業は非常に敏感です、そして、我々はマリアナ観光局が観光客を引きつける仕事を続けることができるように、資金提供が条例化されたままとどまることを確実とすることが避けられないと強く感じます。結局は、政府と人々の利益となります」

今年これまでのホテル平均客室稼働率は昨年より1パーセント低い87.26パーセントです。

HANMI北マリアナ・ホテル協会は、北マリアナのサービス業のためのプロ・フォーラムとして1985年に設立されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です