下院がタバコ増税を却下


下院議会は「徐々に」タバコ税を引上げることを提案する法案を昨日、満場一致で却下しました。

しかし、下院法案18-118の却下はまた、二院制協議会に両院にとって容認できるバージョンを草案することも許します。

H.B. 18-195は当初1パックにつき2ドルから3ドルに徐々にタバコ税を引上げるよう提案しましたが、上院はこの額を2.75ドルに減額しました。

修正案が昨日却下されたあと、ジョセフP. Deleonゲレロ下院議長は、下院歳入委員長のTony Sablan氏に下院協議出席者の議事を取るよう求めました。Delaクルース氏とDemapan氏は他の下院会議参加者です。

上院は、金曜日の審議においてそれ自身の会議参加者を割り当てることになっています。

 

決議

 

また、昨日、イロイS. Inos知事は下院議事会館で630日(月曜日)の午前10時に国民に彼のコモンウェルス所信表明を演説すること、そして米国の連邦議会議員グレゴリオKililiカマチョSablan氏に報告することを許すために上下院合同審議を召集する下院合同決議18-17を採用しました。

下院はまた、司法と政府運営;パブリック・ユーティリティ;運輸通信;教育に関する委員会の最大メンバーを7人から9人に増やすために下院規則を改正する下院決議18-53を採用しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です