Sablan条項が既存の出入国管理法を維持する

CNMI議会代表オフィス) 米上院は、満場一致によるOmnibus Territories Act(オムニバス準州法)を水曜日の夜、通過させました。

この法案、S. 1237は、北マリアナ諸島で連邦出入国管理への移行を容易にすることを目的とされていますが、当初、今年の末に期限切れになる予定だった2008年のConsolidated Natural Resources Act(連結天然資源法)の鍵となる条項を延長します。米領サモア、グアム、北マリアナ諸島、プエルトリコと米国領ヴァージン諸島のいくつかの、又は全部の米国領域にあてはまる、それは9つの他の方針準備を含んでいる、資金がどのように北マリアナ諸島で米国労働者を訓練するのに用いられるかという規則を強化します。連邦議会議員グレゴリオKililiカマチョSablan氏は、他の領土の代表と一緒に、この法案を牽引して、昨年H.R. 2200として下院に導入しました。ここ2200年。対のS. 1237は、彼らの要請で上院に導入されました。

「この法案は数週間、上院の『ホットライン』にありました」と、米国の連邦議会議員グレゴリオKililiカマチョSablan氏は説明しました。「それは、上院議員の誰も異義を唱えることができて、法案をその軌道上で止めて葬ることができることを意味しました。しかし、現在、この待機は終わっています。

「昨晩の守備質問を行い、法案を最終通過させることに成功した、この法案を昨年上院で導入した、ロン・ワイデン上院議員とリサ・マカウスキ上院議員に、そして、彼らのスタッフに私は非常に感謝します。私はまた、ワイデン上院議員から委員会を引き継いだあと、この法案のすべての領域に対する重要性を認めて、議事に上げ続けた、上院EnergyNatural Resources委員会の新しい議長のメアリーLandrieu上院議員にも非常に感謝します」

S. 1237と下院バージョンH.R. 2200は、Sablanによって書かれたConsolidated Natural Resources Actの改正を含みます。この改正はまた、Sablan氏が下院に伝え、そして、下院Natural Resources委員会が529日に認可したもう一つの独立型議案の条項にマッチします。その法案H.R.4296、そして、S. 1237H.R.2200は、島の連邦出入国管理への進行中の移行の間、北マリアナ諸島で経済発展を促すと思われる4つの方針を2019年の終わりまですべて延長します。

63日に、労働長官トーマス・ペレス氏は行政権を使用して、4つの方針のうちの1つ、CW外国人労働者プログラムを延長しました」とSablan氏は言いました。「それは、CWプログラムをもう5年間据え置くための強い正当性があることを確認しました。

「しかし、その他の3つの方針は議会が動くかどうかで継続できるだけです。今、上院はそうします;我々が下院で我々の仕事を取り除いたので。」

残りの方針は、Hビザの数に対する国家制限からのグアムと北マリアナ諸島の免除、当初北マリアナ諸島政府によって創設された外国人投資家ビザ・プログラムの延長と北マリアナ諸島での政治亡命の主張に関する法の継続です。

Hビザ免除は、グアムの米国軍事増強で予想された労働必要を満たすために、2008年の強化された天然資源法に含まれました。しかし、この増強は遅れました;そして、米軍は、外国人労働者が来たるべき5年間グアムで多分必要だろうと現在言っています。

連邦議会議員Sablan氏によれば、「Hビザ免除は、また、北マリアナ諸島のために重要性を増やすことを持つことになります」。「多数のホテルの部屋が、我々の島のために製図板の上にあります。それらのプロジェクトは熟練した建設労働者を必要としますが、Hビザが提供することができるものは一時的なものだけです。

CW労働者数は、現在14,000件が設定され、毎年減少させることが要求されています。我々は現在およそ10,000件しか持っていないので、柔軟性があります。しかし、雇い主は、同様にHビザに目を向け始める必要があるかもしれません。Omnibus Territories法はそれを許します」

島への出入国管理をコントロールしたとき、その法はまたコモンウェルス政府によってなされた約束も尊重します。投資家ビザ・プログラムは、彼らがわずか50,000ドルを投資するならば、彼らが無期限に北マリアナ諸島で生活し働くことができる米国市民権以外の市民権が約束することで設定されました。連邦政府が出入国管理を管理し始めたとき、それらの同じ投資家はE2Cと呼ばれているビザを与えられました。

「先月現在、コモンウェルス政府によって地位を与えられたそれらの投資家の261人が、まだ、マリアナ諸島に住んでおり、彼らの投資を維持していました」とSablan氏は言いました。「Omnibus Territories法は、彼らにもう5年を与えます」

法によって延長された第3の方針は、政治亡命の主張を北マリアナ諸島で禁止します。この条項は、中国からの観光客がマリアナ諸島に入るのを許すという米国国土安全保障省による決定にとって重要となる可能性があります。

「中国の観光産業は、米国が国境をコントロールした過去5年間で、非常に速く成長してきています」

Sablan氏は、亡命者保護に関するバーがその成長の鍵とならない可能性がありあると言いました。「しかし、最も安全な方針は、現行法を変えることなく、すべてを残すことです。それは稼動しています;それを『直させないようにしましょう』」と同氏は言いました。

Omnibus Territories法の最終的なノーザン・マリアナ諸島のみの条項は、米国労働者が現在CW労働者によって持たれる仕事を引き継ぐのに十分に速く訓練されていないというSablan氏の懸念に対処
します。

「雇い主は、彼らが雇うCW労働者ごとに、1年につき150ドルを払います;そして、そのお金は、米国労働者のためにトレーニング基金に使われます 昨年だけでだいたい150万ドル。

「私は、雇い主を— そして、より重要な、一般市民 そのお金がどのように使われているかについて見る必要があると思います。我々は、結果を調べる必要があります。

「それで、私がOmnibus Territories法で立案した言語は、コモンウェルス政府が支出の計画を毎年米国労働省に提出することを義務づけます。この計画は、誰がこのお金を得るか、どう使われるかを言う必要がないかばかりか、彼らがトレーニングを受けたあと、どのくらいの数の米国労働者が仕事を得ることになるかも言う必要はありません。

「そして、私は米国労働省に計画のそれらの仕事目標が対処されているかどうかについて、毎年議会に報告するよう望みます。

「我々には、主に外国の労働人口から米国の労働人口へ移行するための5年があります。我々は、その努力に使われることができるお金を持っているのでとても幸運です。しかし、誰でもボールに対する彼らの視線を保たなければなりません。我々は、5年間漂う余裕を持つことができず、我々が開始したところに自身が戻ることはできません」

S.1237の他の条項は、個々の領域に特定の懸念もあります。この目的のためにバージン諸島へ行く予定になっている連邦ドルの合計は引上げられませんが、バージン諸島はより多くの人々に連邦エネルギー支援を受けさせることを許させるものです。米領サモアは、領土で荷を下ろす米国の巾着網漁船に関する条項から利益を得ます。

領域の全ては、技術的、方針のチームを、そして島のエネルギー需要を分析する財政的専門家を集めることことを内務長官に要求する法案のセクションから電気経費を下げる援助を得ます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です