ニュース速報「前Aging事務所長に横領の容疑」


公的監査役事務所OPAは金曜日の朝、上級裁判所に持ちこまれた前Aging Office DirectorRose Mondalaに対する贈収賄容疑を提出しました。

OPAによると、この容疑は、MondalaKagman住居フェンスの建設を含んだ当時の与党Covenant党によって使用された政府資金と財源に関わる、2009年の選挙期間中に起こったとしています。

Mondalaは、窃盗;業務上窃盗;偽造;オフィス、スタッフあるいは官公庁の職員の利用;利益または社会的acquaincesを得る公的立場の使用における制約違反;キャンペーン活動のために一般の必需品、時間と人員の利用における制約違反;そして在職不正行為の嫌疑をうけています。

上級裁判所のジョセフN.カマチョ判事は本件を統轄することから自分自身を忌避しました。同氏は、彼がCovenant党の代表候補であった2010年に彼女を知っていたと言いました。

Mondallaに課された7,500ドルの保釈を修正するために弁護動議に関する審理は、火曜日、あるいはそれを聴聞する有効な裁判官がいれば続けられます。

金曜日の午後3時現在、69才のMondalaの代理人として国選弁護人Eden Schwartz氏とOPA法律顧問ジョージHasselback、検察官は、彼女の健康と年齢を考慮してMondalaの保釈修正聴聞のスケジューリングを議論していました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です