宝くじ委員会がエスクロー(条件付証書取引)を延長


宝くじ委員会(The Lottery Commission)昨日、エスクロー(条件付証書合意)を更に30日間延長しましたが、これは独占的なサイパン・カジノ・ライセンスの発行が長くかかることを意味しません。

知事の会議室の会議でコミッショナーと財務局長 Larrisa Larson氏は、条件付証書合意を改めて、もう30日間それを延長する動議を提示しました。

カジノ・ライセンス発行の最終期限を設定する条件付証書合意は今日終了することになっていました。

30日間の条件付証書合意を延長することは、委員会議長のシクストIgisomar商務局長によると、委員会がその期間以内にライセンスを申込者のベスト・サンシャインに付与することができると言っています。

委員会は次の会議を火曜日に設定しました。

公安局DPSコミッショナーのジェームズC. Deleonゲレロ氏は、ベスト・サンシャインとの交渉に委員らが「積極的に、必要に応じて行政スタッフあるいは更なる相談役を調達して、プロセスの速度を上げる」ことを要求しました。

 

2つの動議が採用されました。

 

Igisomar氏は、彼らがカジノ開発契約を終えるためにベスト・サンシャインとの作業を続けて持ち越しているように今日までに決定をするための十分な時間がないと言いました。

「願わくば火曜日に会うときに、我々は合意の近づくでしょう」と彼は言いました。

Deleonゲレロ氏は、カジノに対して、また、とりわけてコミュニティに不安がある点を指摘しました。

彼は更に「この委員会の願いは、我々が仮定されることをして、コミュニティの全体的な期待を守り、そしてそうあるはずだったことを確認することです。我々は、最終合意がコモンウェルス全体にとって最大の利益となることを確実としなければなりません」と付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です