パブリック・マーケットは『順調』


マーケットを運営する農民協同組合の理事長で、前上院議員のマリアFrica T. Pangelinan氏は、昨日午前1130分の時点で、Garapan Public Marketのいくつかの野菜と果物ラックはすでに空になったと述べました。

市場は月曜日に開きました、そして、これまで、「それは非常に上手くいっています」と彼女は付け加えました。

Pangelinan氏は、個人的に市場の活動を監督して、そのキャッシャーの働きをしました。

農民は、市場に彼らの日々の生産物を配達し、コミュニティへは「ローカル生産物を支援することに非常に熱心である」と彼女は言いました。

彼女は多くの個人が協同組合における株式も買ったと言いました。そして、それは昨日現在で50人以上の株主を持っていました。

株式は50ドルで売られて、非会員による買収が可能です。

Pangelinan氏はボランティアとして働き続けますが、協同組合は彼女を援助するためにスタッフも雇いました。

消費者は、農作物の供給に従い、毎日物価変動を予想しなければならないと、彼女は言いました。

「我々は若干の生産物でお金を失うかもしれないが、他から金を儲けるかもしれません」と彼女は付け加えました。

多少の付加価値製品が昨日まだ市場に展示されていましたが、加工食品や料理のための2つの屋台を空になっていました。

Pangelinan氏は、経営陣が市場のグランド・オープニングで、露店所持者によってふさがっているスペースを最大にする方法を検討すると言いました。

「そのエリアは、我々の拡大のためです」と彼女は言いました。そして、彼らが同様にシーフードのために陳列エリアを開くことを考えていると付け加えました。

協会オフィスはパブリック・マーケットの中にあって、販売のために協力的なシェアを提案しています。

マーケットは午前6時から午後7時まで毎日開いています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です