議員が車両禁煙の法案作成


立法議員は、未成年者がその車両の中にいるならば、車両での喫煙を禁止する法案を提出しました。

リチャード・セーマン議員の下院法案18-210は、18才未満の個人が同じ車両に乗って居る場合、車両での喫煙を禁止することによって市民の健康を保護することを目的とします。

この法案では、このセクションに違反する者は誰でも、1違反につき250ドル以下の罰金の対象となります。

この法案は、「この章を追加した修正行為の効力発生日から1年間は、この章に違反した者は警告を発行されなければならないが、交通違反の指摘は受けない」としています。

徴収される罰金の50パーセントは交通法執行目的のためにDPS公安局へ行き、50パーセントは一般的予算へ行きます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です