CPUCが報奨金レート契約を承認


ユーティリティ委員会は、CUCコモンウェルス・ユーティリティ社の送電網につながっている大きな顧客のために、報奨金レート契約とネット・エコノミック・プロトコルを承認しました。

その926日の命令において、CPUCコモンウェルス公益事業委員会は、ジョセフC.ゲレロ議長を通じて、報奨金レート契約を承認した命令と商業的誘致タリフの実現のために使われるネット・エコノミック・プロトコルに署名しました。

この契約に基づき、CUCの既存の商業レートに実験的な関税ライダーインセンティブ・レートが、サイパン、テニアンとロタでCUCのディストリビューション・システムにおける「彼らの全体の負荷を戻すこと、拡大すること、あるいは位置すること」を資格のある大規模な商業顧客に利用可能にします。

顧客は、4年の期間でCUCの完全な必要条件顧客を維持することに同意するとこの契約は述べています。

「このライダーは、基本IR契約フォームの承認から、サインアップまたは4ヵ月の自由参入方式窓口において、新しい参加者に開放が保たれます」と契約書にはありました。

また、適格性条件を満たしている大きな企業顧客が利用できる4ヵ月のさらなる自由参入方式窓口があります。

この契約はまた、IRの下の完全な累積的な電気需要が20MWのプログラム上限を上回らないと述べています。

適格性に関して、この契約は、その顧客が、(1)400kW以上の生成容量をもつ企業顧客、あるいは、それが彼らの年間電気需要の90パーセント以上を生み出す;(2) 商業顧客は彼らのホテルを75部屋以上に拡張するか、負荷での200kW以上の増加をもたらす彼らの既存の施設を拡張する; (3) 400kW以上の発電収容力をもつ新しい商業業顧客、でなければならないと述べています。

4年の契約期間中、商業顧客は、IR ライダーの下で電気を購入することを最初に開始する日付から、そして、CUCCommercial Electric Base Rateの変更がCPUCによって命じられるまで、CUCの電気基本レートから1キロワット時につき8.3セントまで4年間縮小レートを得ます。

契約書にはまた、基盤追加料金とパブリック法16-7基本レートの構成がこのライダーの下で購入することに適用しないともあります。

P.L. 16-7は、マリアナ・パブリック・ランド・トラストの収益を民間の契約者からの緊急発電サービスのため、CUCに対して、及び、CUCの契約上の義務のために就かせた2008年のEmergency Power Generation Actです。

CUCが申込者の施設が暦年の連続的な100時間以上ある島での全負荷を供給することができないならば、申込者には契約を解除する権利があります。

さらに、その最大の需要がしばらくの間減少する、または、その掲示が12ヶ月(連続)を求める契約要求の70パーセントに該当するならば、申込者は不適格になります。

契約はまた、CUCにいかなる目的においても現場検査を行う権利も与えます。

2014724日に、委員会は、彼らの電力需要を自己発電する大手企業がCUC送電網に戻るのを奨励される新しいタリフを承認しました。

CUCとそのような顧客の間の提案されたタリフ契約書が調整承認のために提出されることが義務づけられました。

CPUCはまた、潜在的顧客がチェックとコメントに対して提案された契約のコピーを与えられるよう指示しました。

CPUCのコンサルタント・ジョージタウン・コンサルティング社は、誘致タリフの承認を推薦する報告書を92日に交付しました。

しかし、CPUCは、コピーが94日現在、チェックのために潜在的顧客に配布されていないことを確認しました。

CPUCはそうするために923日までの期間をCUCに与え、CUCはこの指令の黄濁を後に確認しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です