内務省担当者「NMIの人々の声は連邦に聞かれる」


来島中の島に住む地域の内務省次官補エスターP. Kia’aina氏は、彼女が彼女はC​​NMIの人々の声が島」の人に関係する問題に関連して、連邦政府によって聞かれることを保証すると発表しました。

Kia’ainaは、昨日、ジュードU. Hofschneider知事代理、政権の設備改良プロジェクト事務所、メディアのメンバーと、そして、上院議会のラルフDLGトレス議長、下院議会のジョセフP. Deleonゲレロ議長、リチャード・セーマン下院議員とトレントン・コナー下院議員と会見しました。

Hofschneider氏によると、Kia’aina氏との会議において、彼らが地域経済を検討すると彼女は言いました。

CNMIの経済発展は、高いプライオリティーです」と彼女は付け加えました。「経済発展を成し遂げるために、問題の多数は、労働局及びイミグレーション、我々の環境の保護、エネルギー開発と病院のような・・特にきわめて重要な問題のための[設備改良]プロジェクトを…提供すること…コミュニティのヘルスケア必要のために、これらを含めて是正されねばなりません」

以前のプエルトリコ・ゴミ捨場の閉鎖と病院とPSS公学校システム(Public School System)に関する懸念が同様に議論されたと彼女は付け加えました。

「問題は、本当に、どのように実行する[連邦によって資金を供給されたプロジェクト]際にCNMI政府とともに働くべきかということです。

「我々は病院の活動のために連邦資金提供の潜在的削減にひどく関心があるので、私は絡み合っている多くのこれらの問題を見ています。あなたがたは、孤立してCIP資金提供について考えることができません。あなたがたは[また]、影響について考える必要があります…病院の活動とCNMIコミュニティのヘルスケアに関して」とKia’aina氏は言いました。

彼女は、移民が経済の安定した労働力を提供するだけでなく、もう一つの重要な問題であり、「私はそれがフロントとセンターであるべきだと思います」と述べました。

これに加えて、「インフラは今、一番の問題であり、それはサイパンだけでなく、ロタとティニアンもです」としました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です