下院がカジノ委員を認定


サイパンとノーザンアイランド立法代表団は、コモンウェルス・カジノ委員会の3人のメンバーの指名を金曜日に認めました:元下院議員ジョセフC.レジス氏、前リタイヤメント(退職者)協会の理事長ファンM. Sablan氏と前下院議員アルヴァロC.サントス氏。

出席した17人のメンバーのうち16人の他のメンバーがノミネート候補者を認める賛成に投票し、フランシスコDelaクルース副議長だけが反対に投じました。

3人のメンバーは不在でした:ラモンTebuteb氏、ラルフYumul氏とトニー・ベナベンテ氏。

委員会の副議長ジョン・ポールSablan議員が審議中の議長をしました。

サントス氏が関係している「二重取り」問題を引き合いに出し、Delaクルース氏は3人のコミッショナーの認定が延期されるよう求めましたが、認証がすでにあまりにも長い間遅れているとピート・レジス上院議員が促しました。

「なぜ3人の被任命者の認定を遅らせ続けるのですか?我々は、カジノを管理したくないのですか?もし認定を望まないのであれば、反対票を投じれば良いだけです」と同上院議員は言いました。

レジス上院議員は、インタビューにおいて、以下のように述べました:「問題は、我々がカジノを規制する必要があるか?です。なぜ、我々はそれを遅らせているのですか?Dela Cruzを指して、私が出すことができる唯一の結論は、彼が問題を政治化しようとしているということです」

「二重取りは、我々の懸念でありません 法廷に持ち込んで下さい。我々の仕事はノミネート候補者の資格を検討することで、彼らが資格があるかどうか、そして、彼らが基準を満たすかどうか決定することです。[Delaクルース氏は]彼の懸念を用いるべきではなく、ノミネート候補者の背景をチェックすることになっている我々の義務に干渉してはいけない」とレジス上院議員は言いました。

年金を得ている退職者が、彼の新しい公職に対して支払いが行われるとき、二重取りが起こります。

司法・政府運営委員会の議長、クリストファー・レオン・ゲレロ下院議員は、彼が3人のノミネート候補者の背景をチェックして、彼らがカジノ委員会の一員の資格を与えられると判断すると言いました。

「サイパン・カジノ法、P.L. 18-563ヵ月前法律になりましたが、我々にはカジノ投資のためにきちんと規則を置き始めるためのコミッショナーがいませんでした」とレオン・ゲレロ氏は言いました。

ジョセフ・レジス氏、アルヴァロ・サントス氏とファンSablan氏は、インタビューにおいて、彼らがようやく認定されるので満足であると言いました。そして、カジノが現在サイパン・カジノ投資に取り組み始めると付け加えました。

彼らは、コモンウェルス全体のために人々と働くことを楽しみにしていると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

MVA「9月の来島者数5%増」

次の記事

CUCが浮動債券を考慮