オバマ政権が連邦ローン・プログラムを続ける可能性があるとKilili氏が発言


オバマ政権は、追加資金を諸島地域を含む、国家の民間貸付を刺激する既存の連邦州中小企業信用イニシアチブ(Small Business Credit Initiative)プログラムに注入しようとしています。

ハイアット・リージェンシー・サイパンのサンドキャッスル劇場で行われた1025日のSmall Business Banking Expoで、「私は、オバマ政府がこの全く同じプログラムのための資金の2回目の注入を促進していることを知っています」と連邦議会議員サブラン氏は述べました。

オバマ大統領は、15億ドルの連邦州中小企業信用イニシアチブ(Small Business Credit Initiative)を創設した2010927日に2010年中小企業職法令を法律にしました。これは、中小企業への民間資金150億ドルに拍車をかけるとともに、雇用を創出し、保持するのを助けることも期待されました。

彼は、より多くの銀行とビジネスにこのプログラムでの参加を促しました。

「プログラムに対する関心を示すことができるならば、我々はその第2セットに関わる事ができます」と、プログラムへの連邦資金の2回目の注入を示しながらSablan氏は言いました。

下院議員サブラン氏のオフィスを通じて、CNMI政府は中小企業支援に向けたプログラム利用の可能性を警告されました。

20101112日より早期に、Sablan氏は当時の知事ベニーニョR. Fitial氏に彼にプログラムの有効性、及びCNMIが中小企業のためのクレジットにアクセスする民間を促進する新しいプログラムの下で割当られた連邦資金の13,168,359ドルを受領する資格をえることができるように20101126日までに財務局長との意思の通知を提出する必要があるを知らせる書簡を送っていました。

20101223日に彼のその後の電子メールでは、彼はそれが競争力のある助成プログラムではなかったと言ってプログラムを活用するためにCNMIを促したが、CNMIは、その全シェアを取得することになります。

彼は、CNMIがこのプログラムを利用して、中小企業を助成することが始まることを望みました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です