アルター・シティが香港証券取引所に上場される


アルター・シティ・グループ最高経営責任者Edvon Sze氏によれば、ティニアンの36000万ドルの統合リゾートのTHE Puntanディアブロ開発者は、香港証券取引所に上場される予定になっています。

このグループは、9年にわたる4つの段階でティニアンの155ヘクタールの公有地の上に統合リゾートを建築することを計画しています。

最近、アルター・シティは会社の職を満たすために地元の労働者を入れ始めました。

その本部として業務を行うためにGarapanのファミリー・ビルを買収しました。

「我々は、CNMIの当地に留まることに専念していることを見せたいです」と、ファミリー・ビルを買うという彼らの決定に言及しながらSze氏は述べました。

会社が香港証券取引所に参加する様々な理由があります。

「その株主が彼らの投資の一部を理解したいと望むため、;あるいは、その営業を拡大するために資金が不足するので;会社は上場を望みます」と証券所は述べています。

証券所を通じて、アルター・シティは北マリアナ諸島での彼らのプロジェクトに関する更なる情報をシェアする予定です。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

MVA「12月の来島者数17%増」