アルター・シティがメガ・スターズと手を組む


プンタン・ディアブロ開発者がユニークで、世界に通用する観光地へと島を発展させるためにメガ・スターズ・オーバーシーズ・リミテッドとの共同経営を考慮していることで、ティニアンにとって旅行産業の明るい見通しがあります。

ティニアンのPuntanディアブロの155ヘクタールの公有地に統合リゾートを建設することを提案しているアルター・シティ・グループは、観光地としてティニアンを造成する際に前途の見込みのあるメガ・スターズとの共同を考えています。

「我々は彼らと働きたいです」とアルター・シティ・グループの副社長ケン・リン氏は言っています。

レオン・キン・ラン会長もこの共同経営に熱心であると同氏。

彼らはフェリー・システムを復活させて、「ティニアンをより良い場所とする」ために他のインフラ(基盤)を開発したいと思うと同氏は述べました。

ティニアンのフェリー便は2010年に停止させられました。

彼は世界に通用する観光地にティニアンを作り直す際に、彼らはメガ・スターズ及びティニアンとCNMIの人々と共に働くことを望んでいると述べています。

12月に55年のリースを終えて、アルター・シティへの所有地の取引は19日に実施されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です