ゾーニング(地区制)理事会がベストサンシャインに対する公聴会を予定


サイパン・ゾーニング理事会は319日木曜日の午後5時からススペのマルチパーパス・センターで、ベストサンシャイン・ガラパン・リゾート・アンド・カジノの条件つき使用アプリケーションの公聴会を予定しています。

ベストサンシャインは快適な52部屋と4つの別荘からなる4階建てのホテルとカジノリゾートを経営することを提案しています。

ゾーニング事務所によると、ホテルは条件つきの使用としてこの地区で認可されています。

この所有地は、ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンターとオーチド通り、あるいはCpl. Derence Jackロードの間の、ガラパンに位置する区画#2ブロック44 104 D04から成っています。

同日に、ゾーニング理事会はキングズ・インターナショナル社、Yong Fangコーポレーションとレッツゴー・ツアー社の条件つき使用アプリケーションに関する一般公聴会も開催します。

キングズ・インターナショナルは商業混合として区分されているクォーターマスター・ロード、Chalan Pale Arnold青白いアーノルドの区画1821-R2にオフィス・スペースと教室のある寄宿舎を運営することを提案しています。

申請者によって求められる使用は、「制度的住宅」として分類され、条件付きの使用としてその地区で許可されています。

Yong Fang社は、その一部として、バギーあるいは屋外活動のための全地形車輌を運営することを提案しています。

この使用は、ゾーニング事務所によれば、アウトドア、アミューズメント・インセンティブとして分類され、会社は車両の保管及び、田園としてゾーンに分けられているタポチョ山でのアウトドア・アクティビティを行うために区画TR 21914-R1を使うことを提案しています。

レッツ・ゴー・ツアーに関しては、公道などの野外活動にツアーの多目的車やバギー(UTV)を運営することが提案されています。

申請者の提案されたルートは、竹林とタポチョ山エリアのSabanaTalofofoのジェフリーズ・ビーチ、オブジャン・ビーチ、ナフタン・ポイントと禁断の島を含んでいます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です