上院がマリファナ法案に関する一般公聴会をロタで開催


提案された医療大麻の合法化に関する上院公聴会は318日、19日にロタで行われます。

318日の公聴会は午後6時に市長のオフィスで開催され、319日のイベントは午後6時にロタ司法センターで開催されます。

公聴会の目的は、シクストIgisomar上院議員によって導入された法律に関するコメント及び意見を求めることです。

市民は、コメントと証言を、この法案をチェックしている上院厚生委員会の議長、Teresitaサントス上院議員のオフィスに提出するよう促されています。

ロタ市長エフラインM. Atalig氏ならびにロタ市議会、ロタ住民部長、ロタ・ヘルス・センターの責任者と公立及び私立学校からの教育者メンバーが予定の公聴会に出席することになっています。

Igisomar氏の法案は、薬用大麻が病気、例えばガン、緑内障、多発性硬化症、他の病気の間の癲癇を患う人々に有益でありえると述べています。

サントス氏は、彼らが法案について行動する前に、市民にコメントを求めることが重要であると言いました。

彼女は、ロタの後、公聴会はティニアンとサイパンでも行われると述べています。

この法案の初期バージョンは、下院によって通過させられましたが、201011月にロタの審議において上院によって拒絶されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です