ハファダイ・ビーチ・ホテルはGrandvrioサイパンになります


その名前は何?我々がHafadaiビーチ・ホテルと呼ぶそれは、すぐにGrandvrioリゾート・サイパンになります。

昨日バラエティ紙とのインタビューにおいて、Hafadaiビーチ・ホテル・ゼネラルマネージャーのアキラ・タカオカ氏この名前を確認しました。

Grandvrioリゾート・サイパンに-我々はホテル名だけを変えたいのです」と彼の翻訳者、フロントオフィス・マネージャーのタカトシ・ナミマ氏を通してタカオカ氏は言いました。

タカオカ氏は、地元で登録された会社名、サイパン・ホテル社は同じままであると言っています。

投資家に送られた最近の通知は、ルート・イン・ジャパン社の下、日本で全国的に開発している、『Grandvrio』ブランドで法人組織化した、新しいホテル名が『Grandvrioリゾート・サイパン』であると表明しました。

昨日、タカオカ氏は、「これまで我々は他の市場よりもむしろ日本の観光客[市場]を対象としてきていました。近年では、我々は中国、韓国及び他の市場を収め始めています」と述べました。

多様化されているホテルの客と、その世界市場を反映するためにホテルを再命名する必要があります。

タカオカ氏は名前の変更は41日付けで施行されると述べました。

これはこの6ヵ月間で取り組んだものですと同氏。

この名前の変更は新しい投資を必要とするかどうか尋ねられて、タカオカ氏は「いいえ」と答えました。

 

「大きな改装あるいは投資はありません。しかしながら、我々は少しずつ以前の施設のいくつかに取り組んできています」と彼は言いました。

客の数に関して、我々は、懸念される影響があるとは思いません。しかし、この名前の変更で、我々には現在の市場に加えて新しい顧客を持つことになります。それが我々の期待です」

彼はまた、ホテルのウェブサイトのこの変更を反映するとしています。

「我々のウェブサイトは、日本で管理されます。それはこれに応じて変わります」と同氏。

 

日本人旅行者の市場

 

タカオカ氏は、日本からサイパンへの直行便を提供している航空会社は1つだけであるという彼の懸念を表明しました。

「我々が直行便なしで日本から日本の観光客を連れてくることは非常に難しいです」と同氏は言っています。

彼はまた、日本の観光客がグアムまたはハワイのような他の観光地と比較して高価なサイパンに行くことを考えると言いました。

魅力的な観光地とこの島への便利なアクセスで、タカオカ氏はより多くの日本人が訪れると思っていると述べています。

より多くの人々がハイテクに精通してきており、インターネットに依存しているので、日本人観光客はより多くのオプションを探索しています。

以前、顧客は旅行代理店を通じていました、そして、旅行代理店は彼らに多数の商品を提供しました。

「彼ら全員がt現在インターネットを使用してします、そして、彼らは自分自身で選択をすることができます」と同氏は述べました。

自分自身で旅行準備をする方向に向かうこれらの個人は、島に来ている旅行者の一部の減少を含んでいます。

タカオカ氏は、高価な航空運賃が北マリアナ諸島に来る日本の旅行者の抑制要因であると思っています。

1つのキャリヤーしかないので競争がありません」と彼は言いました。

彼は、サイパンに来ている観光客が中流階級で、彼らの出費につましく、慎重に費用を考慮すると言いました。

より多くの直行便の必要を除いて、タカオカ氏はまた、島が訪問客にとって新しい何かを提供する必要もあると思っています。

「島は、日本の訪問客を引きつけるために、新しい何かを持っていなければなりません」と同氏。

高岡は、この減少が日本の国内市場を取り扱っている格安航空会社の中にあると言いました。

これらの航空会社が、予見できる将来に、サイパンのような他の市場を取り扱う機会を考慮する可能性があるということが彼の望みです。

「彼らは今国内だけで動いています」と彼は言いました。

ハファダイ・ビーチ・ホテルがGrandvrioリソーと・サイパンに変わることで、サイパン・ホテル社はこの地域に完全に関与します。

「これは、我々のグループ下の外国にある唯一のホテルです。我々は我々のホテル・グループの中で主要なホテルであり続けたいです」とタカオカ氏は言いました。

 

Grandvrioブランド

ルート・イン・ジャパン社は、日本で5つの主要なブランドをもたらします:ホテル・ルート・イン、ホテルGrantia、アークホテル、ホテルAmistaGrandvrio

ルート、イン・グループのウェブサイトによると、このGrandvrioブランドは全シーズンを通して注目に値する自然の風景に提供する良質なサービスです。

「グランヴィリオ(Grandvrio)」は、イタリア語壮大の「グランデ」と活力の「ブリオ」の2語からきています。

b」を落として、その代わりに「v」を使うことは、独創性を示します。

ルート・イン・ジャパン社は、10,000人の従業員と日本の大部分でおよそ284の施設を管理しています。

グランヴィリオ・サイパン・リゾートは彼らの日本国外の唯一の施設です。

以前ハファダイ・ビーチ・ホテルとして知られたホテルは、およそ80人の従業員を抱えています。

ホテルには58のコネクティング・ルームを持つ425の部屋があります。

18階のそのタガ・タワーはサイパンの中で最も高いホテルです。

それは、ガラパンの25,446.35平米の所有地に位置しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です