2月の到着4%増; 日本、ロシアの到着は24%、90%減


MVA 20152月の北マリアナ諸島への訪問客到着数は、20142月と比較して4パーセント上がりました。マリアナ観光局によると、20142月に受け入れた41,311人の訪問客と比較して、20152月にサイパン、ティニアンとロタ島への到着した数は42,921人を記録しました。

2月の韓国からの到着数は13,536人で22パーセント急上昇しました。済州航空は、186席の737-800でボーイングを用いて329日からインチョンからサイパンにさらなる定期便(毎日)を開始する予定になっており、NMIへの追加67,890席と今年残りの期間で韓国の到着数の急速な成長を確実にしています。

2月の中国からの到着数も、7日間の2月の旧暦新年休日のために18,905人の訪問客で24パーセント急上昇しました。 中国からのNMIへのほとんどすべてのフライトは休日のずっと前に完全に売り切れでした。 国家テレビ放送網CCTV-5はまた、その番組「7日でダイビングを学ぶことができるか?」の対象にサイパンを選び、全国ネットでリアリティ・ショー「それは7日で可能か?」を放送しました。この結果として3つの部分、中国の旅行者の間そして、どちらがサイパンをその次第書の主語に選びましたか。結果として生じる3部、135分のネットワークテレビ特集は2月に放送され、それは中国人旅行者の間でNMIへの可視性を高めました。

アシアナ航空の1月から3月の大阪からのサイパンへのサービス停止が日本市場に非常に重い影響を与えたので、2月の日本からの到着数は8,485人で24パーセントまで落し、結果として2月の航空座席供給を43.2パーセント減少させました。加えて、主要な日本旅行代理店は中国の到着数の急速な増加により旧暦の新年期間の間ホテルの部屋を維持することができず、ホテルの部屋の不足を与えられた2月の期間でプロモーションを開始することをためらいました。MVAは、夏の市場を目標として、2月にパラダイス・キャンペーンのハッピー・チルドレン含む、いろいろなキャンペーンを始めます。;文化キャンペーンの新しいインターナショナル・フェスティバル;世界に通用するゴルフ観光地としてNMIのポジションを継続するジャパン・ゴルフ・フェアへの参加;日本のダイバーに世界に通用するダイビング観光地としてサイパン、ティニアンとロタを特徴づけるために2月にNMIに主要な日本のダイビング・メディア・アウトレットを持ってくること;そして、8月にNMI5機のチャーター便を送るAsianaによる計画をまとめること。

2月のロシアからの到着数は、8月の直行便の停止の結果として、訪問客110人で90パーセントまで落しました。MVAは、厳しい経済圧力に直面するロシア市場を作り直していくために、2015年夏まで極東ロシアからNMIに割引キャンペーンを開始しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です