Mafnas氏がプロジェクト開発の特別アシスタントに指名される


矯正(拘置所)部の前コミッショナー、ラモンMafnas氏はプロジェクト開発のための知事の特別アシスタントに指名されました。

彼は月曜日に働き始めました。

バラエティは、Mafnas氏が知事のオフィスの中にある、とりわけ新しい机と椅子のある部屋にいるということを知りました。

彼の指名は、彼は解雇されたのに「なぜ、知事は彼を再任したのか?」と言っている一部の公務員をいらいらさせています。

バラエティは同じく、前下院議長のオスカーBabauta氏がプログラムと立法上のチェックのための特別補佐官オフィスの連絡官に指名された情報も集めました。

Mafnas氏は、後に矯正部とDPS公安局のコミッショナーに彼を任命した、当時の知事ベニグノ・フィッティエル氏の特別ポリシー・アドバイザーとして勤めました。

彼は後にDPSのチーフとしての責任から解放されましたが、イロイS. Inos知事が今年始め、彼の表敬辞任を受け入れるまで、矯正部コミッショナーには残りました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です