燃料価格が値上がりしたとしても電気代の引き上げはないとCUCが発言

 

CUCコモンウェルス・ユーティリティ社のエグゼクティブ・ディレクター、アラン・フレッチャー氏によれば、4月にLEACレベライズド調整条項を通した燃料請求での変更はありません。

平均燃料価格は3.18パーセント上がりましたが、この値上げは4.5パーセントの閾値に等しくなかったあるいは上回らなかったと同氏は言っています。

それゆえに、1キロワット時につき.17108ドルの現在のLEAC燃料料金は、4月の効果は維持されるであろうと彼は述べました。

CUCの規則を基に、CUChqオイル価格によるそのLEAC請求を調整することが許されています。

2014年中期以来、CUCの顧客はLEACレートのほぼ50パーセント下落を見ています。

燃料コストのこの下落は1月に継続しましたが、2月、3月の価格は多少上がりました。

CUCがそのLEACレートを1キロワット$.30426から$.28902に下げはじめたのは2014年9月でした。そしてこれは今年1月に$.19617までさらに下げられました。

燃料購入に用いられるLEACは、電気代を構成する2つのうちの1つであり、二つ目の構成要素は電気基本レートで、それは操業、計画及び負債業務の資金として用いられています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です