警察が溺れていた遊泳者を救助


DPS)2015年4月3日金曜日午前10時37分頃、DPS公安局職員はシュガードッグで溺れている遊泳者の通報を受けて駆けつけました。

船舶安全職員がゾディアックII救命ボート出航の準備をする間、警官エメリーKaipat氏はビッグボーイズ・ビーチ営業所に到着して、ジェット・スキーを借りました。

午前1041分頃、E. Kaipat巡査は、シュガー・ドック・チャンネルの礁の外で、スイマーの所在を突き止めました。彼は、2人の女性と3人の男性がゴム・チューブにしがみついているのを見ました。

スイマーは、疲れきったように見えました。アイランド・マリンスポーツのバングラデシュの従業員Obaydulさんがもう一つのジェットスキーで援助する間、E. Kaipat巡査はジェットスキーで1人の男性と1人の女性を救い出しました。Obaydulaは女性のひとりを救いました。

スタンリーPatris船舶安全巡査とエイドリアンMendiola交通巡査は、もう2つのジェットスキーを借りて、同じく岸に戻されたその他の2人の男性を救い出すことができました。

消防署とEMS医療班は被害者を治療しました。怪我は報告されませんでした。

被害者は27歳と35歳の韓国人でした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です