労働局チーフがCW料金は移行イニシアティブを処理するのに十分でないと言及


CNMI DOL労働局長のエディスDeleonゲレロ氏は150ドルのCW料金が移行イニシアティブを処理するのに十分でないと述べ、DOLがいかなる資金提供も受けていないと付け加えました。

職業学校立法に対する先週の下院聴聞において、彼女は150ドルの労働執行資金提供が単なる助成金を支給された賃金経費に基づいており、トレーニング教室や他の関連した経費を含まないと言いました。

Deleonゲレロ氏は、CNMI政府が米国の資格を与えられた労働者をCWプログラム終了に備えるための訓練に何百万ドルも必要とすると述べました。

PSS公共学校組織によると、毎年、それは教師の給料に500,000ドル、プログラム供給のための200,000ドルの上に協同教育に年間800,000ドル以上、そして技術教育プログラム及びキャリアーのための$500,000を超えて費やします。

イロイS. Inos知事は金曜日のインタビューにおいて、各々のCW労働者に課される150ドルのCW料金が米国国土安全保障省によってセットされたと言いました。

「私は我々がより多くを求めることができるかどうかわかりませんが、彼らは150ドルの料金を算定しました」

彼は、12,000件のCWがあり、その目標は2019年までに彼らを米国の資格を与えられた労働者と入れ替えることである点を指摘しました。

「しかし、さらなる労働者が新しいプロジェクトのために必要とされる可能性があるので、労働局は調整をして、会社の労働力の現地コンテンツを推奨をしな
ければならない」と知事は述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です