木曜マーケットは移転されるべき


サイパン市長オフィスは、解放日祝賀のため、ガラパンのフィッシングベースの木曜マーケットの一時的閉鎖を命じました。

芸術協会のエグゼクティブ・ディレクターのエンジェル・ホッコック氏は金曜日、毎週のイベントの新しい場所を議論するために影響を受ける57のベンダー(売手)に会いました。

コミュニティと文化的情事部の下にある芸術協会は木曜マーケットを監督します。

金曜日の会議で、下院議員のLeepan Guerero氏、エドPropst氏とラルフYumul氏は、ベンダーが612日以後木曜マーケットの一時的な閉鎖についての不満を聞くために出席しました。

この先9回の木曜日に、マーケットはガラパン・フィッシングベースで運営はできません。

612日以後、市長のオフィスとSkywalkerコミュニケーション・グループは、2ヵ月の解放日祝賀のために地域を準備し、器材を設置することになります。

金曜日の会議後のインタビューにおいて、エンジェルHocog氏は、その以前の場所(サイト)パセオ・デ・マリアナスに木曜マーケットを戻すか、ガラパン・パブリック・マーケットの隣の区域、あるいはススペのシビック・センターにそれを移転することを含めて考慮されるオプションがあると述べています。

Hocog氏は市長のオフィスもベンダーが解放祝賀に参加して、彼らの生産物を販売するのを許していると述べましたが、ベンダーはアルコールを含まない製品に1,500ドル、食物に2,000ドルの料金が不当に高いと言いました。

Hocog氏は、これらが木曜マーケットのベンダーによって支払われる45ドル~50ドルと比較して「ばかげた料金」であると言いました。

「彼らは[解放(祝賀)費用の]余裕がありませし、これらのベンダーは初日以来ここにいるので悲しいです」と彼は付け加えました。「それは、彼らを本当に動揺させています 彼らのほとんどは、ちょうど中小企業経営者です。なので、我々の会議の目的は、いくらかの提案と代案を金曜日に出すことになっていました。間違いなく我々は木曜マーケットを続けていきます。それがどこであってもです ですから、現在、我々はそれの場所を探していきます」

しかし、ある木曜日に、匿名のマーケット・ベンダーは、解放(祝賀)費用が2ヵ月間有効であると言いました。

「それは、我々の生産物を売るためのより多くの時間と引き換えにただの一回払いです。木曜マーケット場料金は一日だけのためのものです。解放祝賀は、2ヵ月です。それは我々にとってウィン・ウィン(相互利益)であるべきです。なので、私はベンダー仲間がなぜ動揺しているかについてわかりません。私は料金が合理的であると判断しています。また、ブースは我々が持っている通常のブースよりはるかに良くてより魅力的です」

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です