サイパン市長室が台風損害査定、要請のための住民報告フォームを配布


サイパン市長室は木曜日、台風被害者が書き込む住民報告書のフォームを配布し始めました。

このフォームはビーチロードのオレアイにあるラデラ・センターの2階の市長室でその営業時間中に受け取ることができます。

デヴィッドM.アパタン市長は、個人及び家族の資産への損害を査定するという政府の意向をラルフ・トレス知事代行がラジオで発表したことによりフォームを配布したと話しました。

インタビューで、アパタン市長はFEMA連邦緊急管理庁による査定のためにEMO緊急管理オフィスに記入済みフォームを提出することになると述べました。

このフォームで、登録者は彼らの資産への損害の範囲及び彼らの要求の説明を書きこむよう求められます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

グアムの組織がNMI救済に参加

次の記事

FEMAが支援のための登録を開始