FEMAは自身の燃料を使うであろうと言及;トレス氏は配給制を説明


連邦緊急事態管理機関の調整役員スティーヴDeBlasi氏は土曜日、FEMAが援助をサイパンに提供する際に彼ら所有の燃料を使うことをバラエティに話しました。

FEMAは自身の燃料を持ってきます」と彼は言いました。「我々は島[サイパンの]のために必要である燃料を使いません。我々はみなさんに負担を課しません。我々は資源を持ち込んできています。我々は我々自身の使用のために少しの資源も取っていません。我々は我々自身の燃料を持ち込みます」

彼らの発電機のためのディーゼルの欠乏のために時間を削減した、あるいは閉鎖した企業及び燃料配給制にもかかわらず、土曜日の午後、ラルフ・トレス知事代理はサイパンに「十分な燃料」があると繰り返して言いました。

「災害宣言下で、我々には、すべての必要な手段と措置をとる権限があります」とトレス氏はバラエティに話しました。

しかし、「我々は、まったく燃料に不足していません。我々は十分な燃料を持っています」と彼は付け加えました。

土曜日の朝にサイパンに到着した電力発電機の燃料について尋ねられて彼は答えました:「燃料はこれから来ます。我々は燃料に不足しません。我々が燃料に不足するならば、要請は大昔になされたでしょう」

ガソリンスタンドの長い列、彼らの削減された営業時間と人が買うことができる燃料の制限量について尋ねられてトレス氏は:「我々は、多くの電柱が破壊されており、我々は皆のためにすべてを開けることができるというわけではありません。政府は公共の安全を提供することを確かにしなけれならず、それが[燃料]配給制の理由です」と話しました。

ドライバーと企業のために燃料供給を改善する何かをしていたかどうか尋ねられて、トレス氏は「我々は決心するでしょう」と述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

FEMA援助物資