下院が「非常事態」法案を承認、更新のために連邦機関と会見


下院議会は木曜日に法案立法の「至急の」2部を承認しました:上院法案19-59と下院法案19-92

知事の会議室で行われた審議において下院18名の全メンバーが出席して法案通過に賛成票を投じました。

上院法案19-59は、知事が、自然災害に続いて価格凍結命令の発効期日を延長することを可能にするために、1996年のコモンウェルス災害価格凍結法を改正します。

下院法案19-92は災害宣言の期間中のジェネレータおよび家庭器具への物品税を免除します。

商品についての美化税金の賦課を中断するジョン・ポールSablan議員によって提案された改正もまた承認されました。

上院法案が知事のオフィスに向かい、下院法案は現在上院に向かいます。

下院緊急審議の後、連邦緊急事態管理庁、国土安全保障セキュリティ緊急事態処理オフィス、米赤十字社、コモンウェルス港湾局、コモンウェルス・ユーティリティ社、およびコモンウェルス・ヘルスケア社の役員らは議員らに、進行中の回復と復旧作業について更新しました。

イロイS.イノス知事、ラルフトレス副知事、およびビクターHocog上院議長がミーティングに参加しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です