FEMA援助は米国市民以外にも有効


連邦緊急事態管理庁地域IX渉外事務局役員ベロニカ・ベルデ氏によると、台風Soudelorの犠牲者に拡張された連邦補助は米国市民に制限されません。

「米国市民ではない人々を含む台風Soudelor生存者は、連邦緊急事態管理庁を通して援助を受けられる資格があります」と彼女は述べています。「もしあなたがあなたの資格について確信がないならば、あなたが電話して登録する際に、FEMAはプロセスを通じてあなたを手伝います」

彼女はこの補助が「市民、非市民国民、有資格の外国人」に利用可能であると述べています。

有資格の外国人は法的永住者またはグリーン・カード保有者を含みます。

「それらのステータスは、災害補助を要求することによって危険にさらされません」とベルデ氏は話しました。

不適正資格者が見つかった何人かの志願者がいましたが、ベルデ氏は、もし彼らが18歳未満の子供の保護者または両親であるならば彼らはまだ有資格の可能性があると述べています。

ベルデ氏によれば、親または適格ではない保護者は、市民、非市民国民、または有資格の外国人である18歳未満の子供のために補助をまだ登録できます。

「成人のステータスに関して募られる情報ではありません」と彼女は付け加えました。

非登録外国人の移民でさえ連邦の補助からの手当を受けることが可能です。

FEMAからの金銭的補助の資格を持つものがいない世帯からの非登録外国人の移民は、まだ、ローカルまたはボランティア・エージェンシーによって実行されるプログラムに対して適格ではない可能性がある」とベルデ氏は言っています。

彼女は、800-621-3362 FREEまたは(TTY800-462-7585 FREEに電話をして補助を申し込むように台風犠牲者に勧めています。

711リレーまたはビデオ・リレー・サービスを使う人々は、登録するために、800-621-3362 FREEに電話して下さい。オンラインの登録はまた、www.DisasterAssistance.gov/で可能です。会社経営者はSBAカスタマー・サービスセンター1-800-659-2955 FREEにも連絡できます」とベルデ氏は述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です