イノス知事が家に結びつく避難書を深く検討


人々の住居に隣接する避難所(シェルター)の建設を考慮しているとイロイ・イノス知事は言っています。

プロジェクトを議論するためにDPW土木作業部と共に協議すると、彼は言いました。

Inos知事によると、避難所の各々は、35人のファミリーのために設計され、地階と貯水タンクを持つものになります。

「それはホテル環境である必要はありませんが、居住者の家の一部となるものです」と知事。

「それは、既存の家に接続することになる避難所です…。それは、あなたの自宅として・・・快適なものにはなりません、しかし、それはあなたの施設内にあり・・・貯水タンクを持つものです」

「それは装飾的なものではありませんが、中西部の竜巻センターからの採用されたデザインです」と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です