ベストサンシャインが200件以上のCW請願の承認を待つ


サイパン・カジノ投資家の最高経営執行者マット・ハークネス氏によると、ベストサンシャインは、USCIS米国の市民権と出入国管理サービスに提出した200件以上のCW許可申請の承認をまだ待っています。

彼は、CW労働者の何人かが他の雇い主から移ったと言っています。

ベストサンシャインは、7月に開業したTガレリアの一階で、2,500万ドルのトレーニング施設を管理しています。

ハークネス氏は、彼らが48のテーブルと106台のスロットマシンを持っていると言いました。

「我々の客の大部分がバカラを好みます」と、ハークネス氏は述べ、これは多くの人々がよく知っているゲームであると付け加えました。

彼は、彼らの最も忙しいシフトは夜遅くであると述べています。

DFSとベストサンシャインは328日にTガレリアの一階のリース契約を結びましたが、それはベストサンシャインの最初のホテルとカジノがガラパンでオープンする20174月までです。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です