立法議員らが司法局長の意見を求める


下院及び上院に容認可能な予算案の立案を試みている二院協議会は、司法局長が留保された資金に関して法的見解を出すまで休止することになります。

火曜日午後2時に上下院協議会は会見しましたが彼らの相違は解決に至りませんでした。

上院は観光産業促進のために留保された資金によって融資されるために法の執行役員に5パーセントの昇給を与えると言って未だゆずりません。

下院は、その見解として、上院提案が憲法に反すると言いました。

下院歳入委員会アントニオSablan議長は、彼らがエドワードManibusan司法局長AGに法的見解を出すよう求めると述べました。

「我々はこの問題を最初に解決しなければならない」とサブラン氏は付け加えました。

もう一人の下院協議会参加者代表Felicidad Ogumoro下院議員は上院議員に話しました:「多分、あなたがたはAGがこの問題で言うべきことを聞く必要はないでしょう、しかし、我々はします。あなた方は新しい条項をいくつか予算に置こうとしているので、[あなたがたの提案の合法性に関して]AGの意見を得ることに何か問題がありますか?」

しかしながら、フスト・クイチュグア上院議員によると、下院は過去の留保された資金を再配置しました。

Angel Demapan下院議員は、彼の意見として、前回の賃上げが留保された資金からでなく、一般的予算から出たことを指摘しました。

予算の上院バージョンは未だ知事によって提案された14500万ドルの額の範囲内にあると、ジュードHofschneider上院議員は述べました。

「私は、我々がすることを許されたことを我々は行っただけである立場のままです」と、彼は付け加えました

しかし、AGが法的見解を出すまで、上院議員は審議を休むことに同意しました。

Sablan氏によると、「我々は前進したいので、この問題に関する独立した第三者の立場を望みます…。[AGが]それについての考えをしることは重要です」

立法議会と内閣行政管理は2015101日までに新しくてバランスのよい予算を立法化しなければなりません。そして、それは会計年度2016年の始まりです。

さもなければ、必須ではない官庁は閉鎖となります。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です