CDAが$527Kで13件の所有権を競売にかける


826-28日の競売13件の所有権に言及したCDAコモンウェルス開発局ローン・マネージャーのオスカー・カマチョ氏によると、3日間の競売は成功しました。

CDAは合同面積148,374.5平米で41件の所有地の競売を望み、それらの13件を総購入価格527,000で落札することに成功したと、CDAオフィス・マネージャーのクリスティN. Kintol氏は話しました。

チャラン・キザの所有地、4つの建物の区画9,157平米が225,000ドルで売却され、As Litoのサイパン・インターナショナル・スクール裏の9,263平米が100,000.ドルで競売にかけられました。

競売は826日から828日までCDA会議室で開催され、最近の記録に基づくと、それは同機関の最大の競売の1つでした。

所有権競売41件のうちの4件はロタから、12件がテニアン、そして25件がサイパンでした。

CDAによると、所有権は保証なしの「現状渡し」で売却されました。

同期間は以前、入札者に、競売に先駆けて所有権及び所有地を調査するよう再三促しました。

実行する場合、落札した入札者は競売日に購入価格の10パーセントを払い、残りはその10日後に支払いが行われることになります。

CDA所有権に関心のある人は、サンホセのCDA事務所を訪問するか、234-7145に電話してください。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です