AGが論争についてのコメントを辞退したことで、二院制の両院協議会は本日会議を再開


司法局長エドワードManibusan氏が「保留されてある資金運用に関する下院と上院の間の論争についてコメントするのを辞退したあと、二院制の両院協議会は予算案に関する議論を今日再開します。

イロイS. Inos知事は予算を概説するために2週間が与えられることを望んでいますが、会計年度の終わりまでわずか16日しか残されていません。会計年度2016の始まり、2015102日に新しい均衡予算がなければ、必須ではない政府機関は閉鎖しなければなりません。

上院は財務局賃上げに観光産業のために取っておかれた資金の250万ドルを再配分することを望んでいますが、下院は上院提案が憲法に反すると言っています。

下院歳入委員会トニーSablan議長はAG司法局長の法的助言を火曜日に求めました。

しかし、金曜日のサブラン氏への文書の中で、Manibusan司法局長AGは、「立法的権限に関する上院と下院会議参加者間の紛争についての意見を提供する、あるいは、コメントを申し出ることを辞退する」と述べました。彼は「予算に対する立法上の権限に関する問題が[会計年度]2016年の予算に関して両院協議会検討の間で起こったことを私は記しておく」と付け加えました。

マニブサン氏はCNMI憲法のもと、彼のオフィスには、法的助言を公社と自治機関を含む知事と執行部門に提供する義務があると話しました。AGオフィスは、「それが立法府を通過し、処分のために知事に向けられたとき、[予算案]に関するコメント及び検討する機会を持っています…私は謹んで、[サブラン氏の]書面に示される問題に関する法律家の意見を提供するのを辞退します」と付け加えました。

午前9時に、日曜日のインタビューでジョセフDeleonゲレロ下院議長は、AGの文書についてコメントはしませんでしたが、両院協議会が、本日、月曜日に、会談を再開すると話しました。

議会上院会計事務委員会のJude Hofschneider議長は、彼の見解として、類似した保留資金の停止が2015会計年度の予算法に含まれていたことを繰り返し述べました。

しかしイノス知事は、マリアナ観光局のために取っておかれてある資金を他の目的に使用する上院提案の合法性を、彼も疑っていると木曜日に話しました。

「[上院提案で]若干の問題が確かにあります。法律は、MVA資金が侵害されるのを許してはいません」と知事は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です