ベストサンシャイン、現地ツアー・オペレータ、観光産業の成長促進を誓う


ペリー・テノリオ局長に率いられたマリアナ観光局職員と旅行代理店の60人以上が金曜日の夜、T Galleria一階のその2500万ドルのトレーニング施設でベストサンシャインによって主催された集会に出席しました。

ベストサンシャインの最高経営責任者マーク・アンソニー・ブラウン氏は、彼らの支援の謝意を表して、彼らの継続的な協力が観光産業にとって素晴らしいものであると話しました。

ベストサンシャインの250室のカジノホテルは、以前Old Samoan Housingとして知られている場所でガラパンの民間地と公的な土地を併せた約4ヘクタールに建設が予定されています。

しかしながら、トレーニング施設のオープニングは既に東アジアからの観光客、主に中国の観光客の関心を刺激し、アシアナ航空は現在、インチョンからサイパンへのデイリーフライトの1便を増便することを検討しています。

アシアナはまた、2016年にサイパンへの直行便の増便も計画しています。

インペリアル・パシフィックの上席副社長タオ・シン氏は、現地旅行業者とベストサンシャインの共同努力が2、3年でCNMIを活況な観光地に変えることができると話しました。

インペリアル・パシフィックはベストサンシャインの親会社です。

DFSゼネラルマネージャーのミラノRabold氏は彼の意見として、彼らの所有地での実習トレーニング施設の存在が、ハードロックとT Galleriaとともに、より多くの観光客を引きつけていると言いました。

「カジノは確実に、中国人にアピールする更なるアトラクションです」と彼は付け加えました。

Rabold氏は彼らがテナントとしてベストサンシャインを得たことが喜ばしいと話しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

行方不明者の捜索一時中断