改装中のアルター・シティ・ビル


アルター・シティ・グループのシニア副社長アルバート・ダヴィア氏によると、ガラパンのアルター・シティ・グループの5階建てビルは若干の改装を要求しています。

元ファミリー・ビルはその地域の他の建物と比較して、台風Soudelorによる大きな損害を受けたものではありませんでしたが、将来の台風に備えるためにそのグラスとフレームがアップグレードされることを望むと、ダビア氏は言いました。

彼らは5階のフロア改装はおよそ10万ドルのコストが掛かると見積もっています。

元コーヒールームN-106を含むこのビルは、201412月にアルター・シティ・グループによって買収されました。同社は55年の期限で201519日にリースを引き継ぎました。

アルター・シティ・グループは、公地の155ヘクタールをリースしているテニアンのプンタン・ディアブロに統合リゾートを建設することを計画しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です