スマイリング・コーブで男性が溺死


消防・緊急医療サービス部門は月曜日、スマイリング・コーブで日曜日の午後、男性が溺れたのと同時に、シュガードッグで別の未成年者が溺れかけたことでCHCコモンウェルス・ヘルスセンターに急送されたことを報告しました。

日曜日の午後440分、消防署はスマイリング・コーブ・マリーナに救急車を呼ぶ男性からの通報を受けて、ガラパン消防署からメディック4ユニットが現場に駆けつけました。

マリーナへの到着と同時に、EMTは救急医療士は、意識があったが、呼吸困難の徴候を示していた患者を診ました。

診断中、患者の状態は悪化して脈が弱く、もはや呼吸していませんでした。EMTは患者を急いで病院に搬送する時点で心臓肺復活CPRを行いましたが、午後515分に病院の医師が死亡を確認しました。

死亡したのは、ミクロネシア連邦の出身者であったと、Gersonde氏は述べました。彼は犠牲者に関する他のいかなる情報も提供しませんでした。

同じく、日曜日の午後130分、消防署は、シュガー・ドックに救急車を要請している男性からの通報を受け取りました。現場にはガラパン消防署からメディック-4ユニットが送られました。

患者は、ちょうど水から引き上げられた男の子は中国人のティーンエイジャーであったと、Gersonde氏は述べています。

患者は意識があったが、「低酸素を示して」いたと、Gersonde氏は語りました。彼は酸素を与えられて、コモンウェルス・ヘルスセンターの緊急治療室に搬送されました。月曜日の記者会見の時点では患者の状態についての更新情報を得ることができませんでした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です