DLNRがアウター・コーブ(外の入江)マリーナの閉鎖を発表


アウター・コーブ・マリーナはもはや安全ではありません、DLNR土地・自然資源局は火曜日、来週から行われるその閉鎖を発表しました。

DLNRのリチャードB.セーマン局長は、同局の決定を彼らに知らせるため午後630分にスマイリング・コーブ・マリーナ駐車場で70のマリンスポーツ従業員と船舶オペレーターと会見しました。

同氏は、彼らの乗客の安全のために波止場に付ける施設がシャットダウンされる必要があること、並びに、しばらくの間、彼らがクライアント(大部分が観光客)の乗下船をスマイリング・コーブ・マリーナあるいはサイパン港で行うことができることを彼らに伝えました。

DLNRがイロイS. Inos知事によってマリーナでの安全問題に対処するように指示され、デザイン・建築及び運営計画のためのRFP提案の要請を発表すると同氏は話しました。

3者が既に提案提出の関心を表明していると同氏は付け加えました。

DLNRRFPに取り組む間、彼らが来週から他のマリーナを使い始めることができると、セーマン氏はマリンスポーツ・オペレーターに話しました。

「最も重要な部分は、乗客の安全のためにあなたがたをすぐに[アウター・コーブ・マリーナ]から遠ざけることです」と彼は繰り返して言いました。

マリンスポーツ・オペレーターのほとんどがマリーナを修繕する計画について聞かされて満足しましたが、若干の懸念も上がりました。

これらは、スマイリング・コーブ・マリーナに「適合し」ない可能性のあるサイズのボートがいくつか含まれています。

しかしながら、セーマン氏は、なので、サイパン・ランプの港が第2の選択肢であると述べました。

BSEA サンスポーツのオペレーター、ビル・オーエンズ氏は、停泊料金値上げの可能性が問題になるかもしれないとインタビューで話しました。

同氏は、政府が現在アウター・コーブ・マリーナの利用に対して現在課税されている額が彼らに課税されるべきであると述べ、彼らの一部はスマイリング・コーブ・マリーナに既に収益で貢献しており、それは考慮に入れられなければならないと付け加えました。

もう一つの問題はスマイリング・コーブ・マリーナへ向かう交通渋滞の可能性であると、オーエンズ氏は述べ、一
旦すべてのマリンスポーツ・アクティビティが新しい施設に移動される際に交通計画がもたれればすばらしいと付け加えました。

バスとバンは、観光客の乗下船を行うために毎日ドックに向かっています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です